二日酔いに効く成分〜L−システイン

二日酔いに効く成分〜L−システイン

二日酔いに効く成分〜L−システイン

「L-システインって、美容やアンチエイジングで使われているアレ?」と思う女性も多いかもしれません。でも実はL-システインも有効な二日酔い対策成分なのです。

 

知っている人は、L-システインを含む美白に使うビタミン剤を二日酔い対策として活用しています。
特にアセトアルデヒド対策には多大な効果がありますので、是非知っておいてください。

 

L-システインとは

L-システインは、人間が体内で作ることが出来ない必須アミノ酸であるメチオニンという成分を材料にして、はじめて体内合成出来る成分です。

 

L-システインそのものを食材から得ようと思ってもほぼ無理で、自前で生成するならまずはメチオニンを含む食材を摂取して、そこから合成するしかありません。

 

メチオニンは豚肉の赤身、卵、シャケなどの他、玉ねぎ、ニンニク、赤ピーマン、ブロッコリー、芽キャベツなどに含まれますが、あまり摂取しやすい成分とは言い難いですね。

 

二日酔いとの関係

L-システインがどうして二日酔いに良いかと言うと、L-システインがアルコールを分解するアルコール脱水素酵素(ADH)と、アセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)との二つを活性化してくれるはたらきがあるからです。

 

だから飲んでいる時にも効果を発揮してくれますし、次の日に残ってしまっても効果を発揮をしてくれることになります。これはかなり心強いですよね。

 

実際に、ラットの実験でL-システインを投与したところ、てきめんにアセトアルデヒドや血中エタノールを激減させる効果が確認出来たといいます。その減少差はなんと40%を超えると言いますから、L-システインを投入することで約半減出来たということです。

 

サプリメントで摂りやすい

L-システインは美容にも使われているので、非常に入手しやすい成分です。
女性でも手にしやすいので助かりますね。

 

サプリメントもありますし、通常のドラッグストアなどでも買える第3類医薬品としても入手出来ます。アセトアルデヒド分解酵素が諸外国よりも少ないと言われている日本人にとっては、心強い味方になってくれそうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ