肝臓疾患や二日酔い対策

肝臓疾患や二日酔い対策

肝臓疾患や二日酔い対策

しじみは二日酔いに効く、と昔から言われてきました。
では、どのような効果で二日酔いに効くのでしょうか。

当然ですが、お酒にはアルコールが含まれています。
このアルコールは、体内に入ると肝臓に運ばれ、
アセドアルデヒド」という物質に分解されます。

このアセドアルデヒドが酢酸に変わり、
体内を循環しているうちに二酸化炭素と水に分解されます。
そして、尿や汗、呼気となって体外に排出されるという仕組みになっています。

しかし、このアルコール分解作業にはある程度時間がかかります。
そのため、一度に分解できる量を超えてアルコールを摂取すると、
アルコールが分解しきれずに体内に残ってしまいます。

つまり、アセドアルデヒドが体内に残るのです。
このアセドアルデヒドには強い毒性があるため、
体内に残ると、吐き気やめまい、頭痛など二日酔いの症状が起こるのです。

オルニチンには肝臓の働きを助けてくれる働きがあります。
先ほどの項目ではアンモニアの分解を助けてくれましたが、
肝臓内でアセドアルデヒドに変わったアルコールも分解してくれるのです。

オルニチンが肝臓のアルコールの分解力を助けて強化してくれるため、
分解しきれずに体内に残ってしまうアセドアルデヒドの量が少なくなるため
二日酔いの症状を和らげてくれるという訳なのです。

さらに、オルニチンを摂取すると、肝臓の酷使を防ぐこともできるので、
肝臓疾患などの予防にも効果的なのです。

飲み会の後にもしじみサプリメントを飲むといいですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ