二日酔いの原因と成分

二日酔いの原因と成分

二日酔いの原因と成分

二日酔いの原因成分について知っておきましょう。よく知られているのはアセトアルデヒドですが、その他にも辛い不調を引き起こす原因物質はたくさんあります。

 

アセトアルデヒド

まずアセトアルデヒドですが、これは摂取したアルコールを肝臓で分解する時に産生される物質です。アセトアルデヒドは「中間代謝物質」と言われるもので、人体にとって無毒な物質に完全に分解されるまでの間に生成されるものです。

 

つまり、この状態ではまだかなり毒性の強い物質で、ここから更にアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)というものによって酢酸に変化し、最終的には炭酸ガスと水になります。

 

アデノシン

DNAを構成する成分として、非常に重要な役割を果たしている物質です。
血行を良くするはたらきがあり、エネルギーを輸送したり、神経伝達に関与したりしています。

 

この物質が過剰になると眠気が誘発されたり、血管が拡張されて血流量が増えたりします。
二日酔いでは、主にガンガンとする頭痛を起こす正体がアデノシンだと言われています。

 

メタノール

アルコールの種類によっては、このメタノールがかなり大量に含まれていることがあります。

 

メタノールは毒性が強いため、通常のアルコールであるエタノールの100g中、最大でも1g以下でなければいけないという世界的な規則があります。メタノールを多く含むお酒はウィスキーやテキーラなどで、作る過程で大量のメタノールが発生するために、他のお酒よりも含有量が多くなります。

 

例えアルコール度数が同じでも、こうしたお酒には多量のメタノールが含まれるために肝臓での処理に時間がかかり、いつまでも身体からお酒が抜けない状態になるのです。

 

ギ酸、ホルムアルデヒド

メタノールを大量に含むお酒を代謝すると、分解途中でギ酸やホルムアルデヒドという物質が生まれます。これらも有害物質で、めまいや頭痛、吐き気などが強く起こる場合があります。

 

中には腹痛や背痛が起きる人もいますので、体質に合わない人はメタノールを多く含む種類のお酒は避けたほうが良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ