二日酔いは何故起きる

二日酔いは何故起きる

二日酔いは何故起きる

二日酔いになったことのない人には、おそらく二日酔いの辛さはわからないでしょう。

 

ありとあらゆる身体の不具合が一気に襲って来るような辛さで、人によってもその現れる症状は異なります。お酒を飲んでいる時にはあんなに楽しいのに、後からそんな悪夢のような辛さが待っているのかと思ったら楽しさも半減してしまいますよね。

 

なんとかして楽しい気分だけでスッキリ終わらせたいものです。

 

お酒を飲むのが好きなのに二日酔いになりやすい人、
お酒はあまり飲みたくないけれど、どうしてもお付き合いで飲まざるを得ない人

 

などにとって、対二日酔いの秘策は知れるだけ知っておきたいものです。
そのスタートとして、まずは二日酔いが何故起きるのかメカニズムを知っておきましょう。

 

二日酔いとは

まず二日酔いとはどういう状態を指すかというと、お酒を飲んだ翌日に身体の不調が起こり、頭痛や吐き気など非常に気分の悪い状態が長く続くことを指します。

 

他に同じ症状を表す言葉として「宿酔(しゅくすい)」とも言います。まさに身体の中に酔が宿ってしまっている状態で、早くそれを追い出さない限りは不調がなくなることはありません。

 

血中アセトアルデヒド

一般的に、血液の中にアルコールを代謝する時に出る有害物質であるアセトアルデヒドが大量に残っていることが二日酔いの原因だと言われています。ただ、実際には原因となる成分はアセトアルデヒド以外にももたくさんあり、それぞれが違った身体の不調を起こすと考えられています。

 

原因を正しく知ることが、より早い対処につながります。

 

飲み過ぎだけではない?

そんなにお酒は飲んでいないのに、翌日どうしても不調が起きてしまうという場合があります。

 

お酒に弱い人ならまだしも、普段はそこまで弱いわけではない人であっても、条件が悪い時には二日酔いが起こってしまう場合もあるのです。アルコールを体内に入れる時には、常にそうしたリスクがあることを前もって知っておかなければいけません。過信は禁物ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ