二日酔いの予防方法

二日酔いの予防方法

二日酔いの予防方法

絶対に避けたい二日酔い、どうにかして予防する方法はないものでしょうか。

 

二日酔いの予防については個人がそれぞれジンクスめいた話から化学的な話まで、自分独自の予防法を持っていたりもします。でもその人にしか効かない方法では、教えてもらっても困りますね。

 

二日酔いに関しては現れ方に個人差が非常に大きく、同じ人でも体調や飲むお酒の種類によって条件が異なります。正直なところを言えば、二日酔いを100%防ぐにはアルコールを摂取しないこと以外にありません。

 

それではお酒と付き合えなくなってしまいますので、楽しく飲めるならそれが一番ですよね。
ある程度は、誰が行っても効果が期待出来る予防法を探してみましょう。

 

一緒に食べるもので防ぐ

まず、空腹の中にアルコールを流し込むと、あっという間に吸収されてアルコールの血中濃度が一気に上がります。お酒好きな人にはそのほうが刺激があって楽しいかもしれませんが、これはまず二日酔いの第一歩と考えましょう。

 

事前に乳製品などを胃の中に入れておいて、粘膜を保護するという方法も良く知られていますよね。食べることが出来ないなら、牛乳などを飲んでおくと良いでしょう。

 

また、一緒に食べるおつまみを肝機能の向上に効果のあるものを合わせることでも二日酔い予防になります。高たんぱく高ビタミンはおすすめですので、焼き魚や豆腐やトマトなどは良いおつまみです。

 

炭酸で割らない

炭酸にはアルコールの吸収率を高める作用があります。

 

早いスピードで飲みやすいですし、休む間もなくアルコールをつぎ込む「わんこそば」状態になってしまいますので、炭酸ではなく水割りやロックのほうがおすすめです。ジュースでも良いのですが、口当たりがいいとペースも量も進んでしまいますので、ゆっくり飲む必要があります。

 

睡眠時間を確保する

ゆっくり寝て十分休めれば、二日酔いの起こる確率は非常に低くなります。

 

ある程度飲める人なら、結局は二日酔いを予防するには肝臓がアルコールを処理するのにかかる時間を確保出来るかどうかの問題ですから、ゆっくり眠れるだけの時間から逆算して、飲みを早く切り上げれば良いだけのことです。

 

付き合いで切り上げることが難しい場合には、自分で飲むものを途中でアルコールからノンアルコールに切り替えれば良いわけですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ