オルニチンとは?

オルニチンとは?

オルニチンとは?

しじみに含まれているオルニチンとは、どのような成分なのでしょうか。
健康食品業界では今、オルニチンの成分が注目されていますね。

オルニチンは遊離アミノ酸と呼ばれるものです。
遊離アミノ酸とは、私たちの体を構成している細胞の原料となる
必須アミノ酸が不足した時にタンパク質になる材料として働きます。

つまり、いざという時のために備えているものなのです。
また、余分になったアミノ酸を体外に排出する働きもあります。

このオルニチンは、体内を血液に乗って回っていて、
肝臓では有害物質のアンモニアの解毒を行うなどの働きを行っています。
この解毒作用を「オルニチンサイクル」と呼んでいます。

アンモニアは、生命活動のエネルギーのアデノ三リン酸の生成を邪魔したり、
脳の重要なエネルギーであるグルコースの生成を妨げる物質なので、
その解毒作用を行うオルニチンは、エネルギーの生産に役立っていると言えます。

しかし、何と言ってもオルニチンは「肝臓にいい」というイメージですね。
肝臓にいいものは、他にもタンパク質やビタミンB12、タウリン、アラニンなどがありますが
これらは牛乳やホタテ、イカ、アサリ等にも含まれています。

しかし、オルニチンはしじみだけに飛びぬけて多く含まれている物質なのです。
しかし、そんなにしじみばかり食べているわけにはいきませんよね。

そもそも、しじみは身も小さく大量に食べるのは難しいものです。
ですから、しじみのサプリメントが人気になっているのです。

オルニチンには他にも、筋肉を増強する働きや、
脳下垂体に対しても正常な機能を促進する効果があります。

もちろんオルニチンは、肝臓に良い成分と言われているように、
飲み会の前後にオルニチンの成分が配合された
しじみサプリメントを飲んでおくと、二日酔いや悪酔い対策にもなります。

さらに、成長ホルモンの分泌を促し、身体を強くする働きもあると言われています。
成長ホルモンは睡眠時に分泌されますので、寝る前にしじみサプリメントを飲むと良いでしょう。

オルニチンについてのまとめ

オルニチンとは

オルニチン自体は遊離アミノ酸の一種です。血液の中に溶けた状態で巡っているので、たんぱく質の中に通常存在する他のアミノ酸類とは一線を画します。

 

食材にも含まれているのですが、その量は非常に少なく、なかなか摂取するのは難しい栄養素だということがわかっています。オルニチンは人間の身体にもともと存在しているのですが、特に肝臓で活発に活躍してくれる成分で、肝臓のはたらきをサポートして疲労を回復してくれる物質と言われています。

 

オルニチンにはたらき

オルニチンは肝臓のはたらきをサポートしてくれると言いますが、具体的には有害な物質であるアンモニアの解毒に関して大きく関与しています。

 

尿素回路と言われるこのアンモニアの代謝経路は「オルニチンサイクル」と呼ばれています。

 

アンモニアはエネルギーの産生やグルコースの産生を阻害する非常に有毒な物質ですので、解毒して体外へ捨てるのはとても大切な生命維持活動なのです。

 

アンモニアの解毒は肝臓が一手に引き受けており、水と尿素という無害な物質に変えて体外へ捨ててくれます。オルニチンサイクルが増加するとこのアンモニア分解のスピードが効率化されて早く無毒化することが出来ます。

 

アンモニアによって産生が邪魔されてしまうグルコースは脳のエネルギーですから、オルニチンサイクルがはたらいてくれなければ脳へのエネルギーが不足してしまうことになりますね。

 

オルニチンはしじみに含まれる

しじみは昔から肝臓に良いと言われていますが、その原因になっているのがこのオルニチンです。

 

他の食材にも微量に含まれることは含まれるのですが、しじみだけが飛び抜けて多く含まれていて、他とはケタ違いなために筆頭になっているわけですね。

 

肝臓に良い栄養素は他には良質たんぱく質やタウリン、アラニン、ビタミンB12 などもありますが、オルニチンだけはしじみの他からほとんど摂れないために、肝臓と言えばしじみが注目されているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ