オルニチンと肝臓の関係は?

オルニチンと肝臓の関係は?

オルニチンと肝臓の関係は?

しじみサプリメントには、オルニチンの成分が豊富に含まれており、
この成分が肝臓に運ばれることで、オルニチンサイクルと呼ばれる代謝活動が始まります。

ビールやお酒を飲む前に、オルニチンの成分を摂取しておくと、
悪酔いしないと言われているのは、実はこのオルニチンサイクルが
正常に働いているからです。

オルニチンの成分は、体内でアンモニアを代謝さる作用があり、
これによってアルコールを摂取しても、肝臓をしっかり保護して、
アルコールが体内に残ることなく、悪酔いをしないで済むようになっています。

肝臓は、腎臓とともに沈黙の臓器と呼ばれているように、
肝臓の機能が低下しても、すぐに自覚症状が現れることはありません。

それゆえに、ふだんから肝臓に良い栄養を補給して、
肝機能を向上させることが大切なんですね。

オルニチンを食事で摂取しよう

オルニチンの成分を、毎日の食事で摂取することはもちろん可能です。
しかし、忙しい現代人は、食事もついコンビニのお弁当や
ファミリーレストランですませてしまう人も多く、
毎日の食生活の中で、オルニチンの成分を十分に摂取しきれていないようです。

オルニチンが含まれている食材には、魚介類のしじみがあります。
しじみは、あさり・はまぐりなどの貝に比べて身が小さいですが、
ひとつひとつの身の中に、オルニチンの成分がぎっしり詰まっています。

しじみからオルニチンを摂取するなら、しじみのお味噌汁がおすすめです。

しじみの身を食べるだけではなく、お味噌汁にしじみの持つ
うまみのエキスが溶け出しますので、汁も飲んでおくと良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ