脂肪肝の対策・予防

脂肪肝の対策・予防

脂肪肝の対策・予防

脂肪肝の対策や予防には何が出来るかと言えば、とにかく肥満の人は改善すること、アルコールを摂り過ぎないこと、糖尿病などに気をつけることになります。

 

治療と言ってもこの原因を取り除くこと以外に方法はないと言われていて、日本消化器病学会でも「治療は、原因療法に尽きます。」と断言しています。

 

脂肪肝の対策、予防

食べ過ぎをやめる、アルコールを控える、食事の内容を変える、運動をするという、何度も聞いては耳が痛くなるような内容が脂肪肝の対策と予防法です。

 

この基本を守らなければ、他にどんな手段を使おうともうまくはいきません。

 

原因を取り除く療法をしつつ、そのスピードを上げたり、効率を良くしたりするために他の手段を活用するのは効果的でしょう。でもまずは、基本を守った上でということになります。

 

非アルコール性もある

ただし、アルコールの摂取があまりなくても、肝硬変や肝がんに進行してしまう脂肪肝の病変があることがわかってきています。

 

これは非アルコール性脂肪性肝炎(NASHナッシュ)と呼ばれるものですが、自分はお酒はほとんど飲まない、またはまったく飲まないから大丈夫だとは言えなくなってきました。

 

脂肪肝のすべてが肝硬変や肝がんに進行すると言っているわけではありませんので勘違いはしないで欲しいのですが、どんな症状が進行し、どんな症状なら進行しないのか、その仕組みが解明されていない以上、症状が見られた人は、すべてに人が対処しておく必要があります。

 

予防するのに避けるべきなのは

とにかく、脂肪から肝硬変や肝がんなど怖い病気へ発展させないために必要な予防としては、一般にメタボリック症候群を起こす要素を併せ持たないことに尽きます。

 

メタボリック症候群は、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などの要素です。
脂肪肝とこれらの問題が合わさってしまうと、一気に危険度が増してしまいます。

 

肝臓の病気は怖いものですが、先天的なものでない場合、その原因はすべて自分の生活の中から生み出されて来たものであるとも言えます。

 

言ってみれば、自分で自分の病気を毎日毎日招き入れているようなものです。
なんとかしなければいけないなら、自分の手でなんとかするしかないということです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ