こだわりの製法で作られたしじみ習慣

しじみ習慣はこだわりの製法で作られています。

 

しじみ習慣に使われているシジミは台湾で取られますが、日本国内の工場でカプセルに栄養が詰め込まれます。まず、シジミが新鮮なうちに日本国内の工場に運ばれて、しじみ習慣が作られます。

 

シジミの水分を蒸発させて、そして栄養だけを抽出します。シジミを普通に食べるよりもしじみ習慣の方が栄養たっぷりなのは、特別製法で作られてシジミの栄養が凝縮されているからなのです。

 

水分を飛ばして粉末状になった栄養は、オリーブ油とサフラワー油で、ペースト状に変えられます。普通の油を使うのではなく、オリーブ油やサフラワー油なので、安心して摂取することができますよね。

 

それらを、ソフトカプセルに詰め込んでしじみ習慣が完成します。
ソフトカプセルなので喉越しも良く、お年寄りでも簡単に飲むことができると言われています。

 

しじみ習慣ならば、リーズナブルに健康を手に入れることができるでしょう。
高齢化社会が進んでいる今、病気予防は大きな課題になっています。

 

医療が進むと同時に、高齢化が進みますが、病気治療が長引いてしまう人も増えます。しじみ習慣ならば病気予防ができるだけではなく、病気治療のサポートもできるので心強い味方です。