タウリンとは?

タウリンとは?

タウリンとは?

肝臓に良いとされている成分に、タウリンというものがあります。

 

疲労回復用のエネルギードリンクなどにも良く配合されているので耳にしたことのある人は多いでしょう。このタウリンは、どのように肝臓に良いはたらきをしているのでしょうか。

 

タウリンとは

タウリンというのは、血圧やコレステロール値、血糖値をコントロールする物質で、肝臓の疲労を回復してくれるはたらきがあると言われています。

 

食材の中では牡蠣に多く含まれますね。タウリンは人間に体内の至るとこに高濃度で含まれていて、特に筋肉、脳、心臓や肝臓、眼の中などで活躍しています。

 

タウリンのはたらき

タウリンは、体内の機能を正常に保とうとするはたらきがあると言われています。

 

例えば、血圧が高いなら下げるように、低いなら上げるように、肝臓が鈍っているなら機能が向上するように、網膜が疲れているなら酸素や栄養を行き渡らせるように、体内のバランサーとして作用してくれる物資なのですね。

 

特に肝臓に対しては、胆汁酸を分泌させて肝臓が機能しやすいようにしたり、肝細胞を修復したりするはたらきがあります。

 

タウリンがコレステロール値を下げる

肝臓は胆汁酸を分泌することでコレステロールを排泄しますが、タウリンがこの胆汁酸を分泌させるので、血中のコレステロール値が下がりやすくなります。

 

インスリンの分泌も促すので、糖尿病の予防にもなると言います。
タウリンがあれば、肝臓は必死にいろいろな仕事を一人でしなくても楽になれるわけです。

 

タウリンを与えたラットにアルコールを摂取させると、与えなかったラットよりもはるかに早いスピードでアルコールを分解したという実験結果があります。

 

アルコールを分解出来るのは肝臓だけですから、タウリンのおかげで肝臓が活発にはたらくことが出来たということですね。

 

タウリンは肝細胞に溜まってしまった中性脂肪を早く処理する手伝いをしてくれますので、脂肪を処理しきれずに残してしまっている脂肪肝にとっては大変助かる存在です。


ホーム RSS購読 サイトマップ